ドクターよろず相談所

医療法人, ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン

お金を残すための3つのポイント

投稿日:2010年04月02日/最終更新日:2018年08月19日

診療を継続していくためにはお金が必要です。

また、第二の人生を幸せに過ごすためにもお金が必要です。

少しでも効率よくお金を貯めていきたいですね。

個人の開院では節税の方法は限られてきますが、医療法人を設立すると対策の幅も拡がります。

医療法人を設立した時にお金を残すための3つのポイント

①医療法人と個人の税率の差を活用する

②所得の分散をする

③税金と上手なつきあいをする

個人の最高税率(所得税・住民税)は50%です。

医療法人の税率は(保険診療、概算)

利益 800万円までは 約20%

利益 800万円超   約35%

個人の最高税率 50% と 法人の税率 20%、35%の差を上手に活用すると法人にお金が残りますね。

このお金を将来の医業のために活用しましょう。

医療法人の理事報酬のバランスをとることも大事です。

理事長の報酬額は過大ではないか?

理事(配偶者)の報酬額は過少ではないか?

他の理事の報酬額は適切か?

をチェックしましょう。

実態に応じて、バランスをとることにより、全体の税金を減らことも可能です。

また、

役員退職金の活用はできているか?

役員退職金の積み立て方法は適切か?

ムダな保険に入りすぎていないか?

支払った税金をリカバリーする努力はしているか?

などもチェックしましょう。

これらのことをチェックして工夫をすることで、全体としてお金が残る体制を築くことができるのです。

注意することは、一つのことに囚われてしまい、部分の最適のみを求めないこと。

目的や目標を明確にして、全体最適になるような対策をうつことが重要です。

*税率は概要です。詳細は税理士さんにご確認ください。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる