ドクターよろず相談所

医業経営

【今日の質問】祖父母から息子の医学部の学費を支払ってもらうことになりました。贈与税はかかるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

投稿日:2011年02月28日/最終更新日:2018年08月19日

おはようございます。ドクターよろず相談所、近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

ご子息が医学部に入学することになりました。学費をお父様(ご子息の祖父)が払っていただけることになりました。

それに対して贈与税はかかるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

基本的には贈与税はかかりません。

国税庁のHPには贈与税がかからない場合として以下のように書かれています。

【夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産
夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産 ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。
なお、非課税となる財産は、生活費や教育費として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。したがって、生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税が課税されることになります。】

「兄弟姉妹など」には祖父母も含まれると考えられます。

また、「必要な都度」「直接これらに」という条件がありますので、注意が必要です。

この方法を利用すると、お父様お母様の相続対策にもなります。

上手に活用しましょう。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる