ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医療法人

クリニックを近日開院します。将来は医療法人で運営したいと考えています。医療法人設立の時期はいつごろがよいのでしょうか?

投稿日:2010年09月03日/最終更新日:2018年08月19日

クリニックを開院されたばかりの先生からのご質問です。

クリニックを近日開院します。将来は医療法人で運営したいと考えています。医療法人設立の時期はいつごろがよいのでしょうか?

この答えは、目的や経営状況によって個別に判断をしましょうということです。

医療法人を設立される目的には大きく二つあると思われます。

一つ目は複数の医療施設や介護施設を開設するなど、けいえいの多角化を図る場合。

二つ目は財務体質を強くするため。(節税など)

この他にも事業承継、相続対策なども考えられます。

これらの目的が複雑に絡み合っているケースが多いようです。

まずは、何のために医療法人を設立するのかを明確にしましょう。

多角化が目的であれば、最初から医療法人を設立することも考えられます。

財務体質の強化が目的なら、収入・利益の状況をみて、医療法人を設立したほうが有利な時期になってから(または、なると予想される時期)に設立をしましょう。

くれぐれも注意しなければならないのは、目的もはっきりしなく、業績も明確に予測できない徐協で、根拠もなく医療法人を設立することです。

周りの方の声で、安易に医療法人を設立し、後から失敗した・・・

と言われる先生も沢山いらしゃいます。

単純に消費税のことを考えると、2年間は個人で医業を行い、3年目から医療法人を設立すると効果的です。

この方法をとると、4年間は消費税がかからないのです。

消費税は自由診療にかかる税金です。(保険診療にはかかりません。)

自由診療の割合の多いクリニックでは大変有効です。

これについては「基準期間がない法人の納税義務の特例」を参照してください。

まずはご自分のクリニックの目的、状況をみて慎重に考えましょう。

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる