ドクターよろず相談所

医療法人, 相続・医業承継

医療法人に利益が出たら理事報酬を上げればよいのか?

投稿日:2009年12月27日/最終更新日:2018年08月19日

医療法人の理事長先生からご相談の電話をいただきました。

医療法人の利益が大幅に上がったので、税理士さんに相談をしたところ、理事長の報酬を月に100万円上げてくださいと言われたとのこと。

報酬を上げたほうが良いのかどうか、今後の経営方針によって違ってくるとお伝えし、相談にうかがいました。

結論は理事報酬は上げないことになりました。

理事長先生には3人のお子さんがおられ、医療関係の学校に通われています。

将来は医療法人に戻ってこられる予定です。

学校の学費の手当てはついており、敢えて報酬を上げる必要はありません。(既に高額の報酬で50%の課税です。)

それに比して医療法人にはキャッシュがあまり貯えられていません。

今後お子様が戻ってこられると医院の増改築や分院の開設など、大きな設備投資が必要となることが想定されます。

それに備えて医療法人に内部留保をしていくことになりました。(医療法人では保険診療の利益に対する税額は800万円を超えても約35%なので、個人の税率より有利です。)

医療法人それぞれの事情によって、利益状況が同じでも対応策は違います。

まずは将来、医業経営をどうしたいのか、どのような人生設計を考えておられるのかを考えた上で対策を考えることが大事ですね。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる