ドクターよろず相談所

医療法人

医療法人活用基礎講座② 自分の医療法人設立の目的を考える

投稿日:2016年06月17日/最終更新日:2018年06月17日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

今日は医療法人活用基礎講座② 自分の医療法人設立の目的を考える

をお届けします。

医療法人設立の目的は、節税、分院展開、介護事業などの展開、相続対策など様々なものがあります。

しかし、多くの方の目的が節税であることは間違いないと思います。

なぜなら、個人の税率は課税所得が上がるにつれてどんどん上がっていき、税額が莫大なものになり、医業経営の継続にも支障が出る可能性があるからです。

医療法人制度は地域で良い医療を継続するための制度です。

それを可能とするため、内部留保がしやすく、将来の設備投資などができるよう税制の優遇があるのです。

このことをよく理解して活用しないのはもったいないですね。

今回は以下のことをお話ししています。
1)自分の医療法法人設立の目的を考える
個人と医療法人の税率の差を理解する

2)医療法人を設立しても活用できていない事例

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる