ドクターよろず相談所

医業経営

クリニックでパートドクターを採用しても、診療人数が増えない

投稿日:2015年09月28日/最終更新日:2018年06月17日

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックの患者さんが増えて、院長先生一人では診察をすることが困難になってきた。

こんな時に、パートドクターを採用することが多いですね。

週のうち何日かは院長先生とパートドクター二人体制で診療をするとします。

しかし、パートドクターの診療人数が増えず、人件費だけ増えて、利益を圧迫してしまった・・・

こんなケースがよくあります。

理由は様々ですが、院長先生とパートドクターの役割分担ができていないことが大きな原因の一つです。

院長先生はクリニックの看板です。

経営者ですので、診療や患者さんに対する対応の真剣さもパートドクターよりあるでしょう。

ですので、自ずと院長先生の人気が高くなってきます。

そんな時に、患者さんに

「院長とパートドクターと、どちらに診て欲しいですか?」

と聞けば、当然院長先生に診て欲しい人が多いに決まっていますね。

ですので、クリニックの方でコントロールをする必要があります。

例えば、慢性疾患の患者さんが多いクリニックで、初診時の診断と治療方針の決定が重要で、方針が決まればその後はどのドクターでも同じ効果が出しやすい場合など。

初診の患者さんは院長先生が診察して、再診時はパートドクターが診察するなどの方針を決めます。

そして、パートドクター、スタッフはもちろん、初診時に患者さんにもそのように伝えるようにします。

これだけでも、患者さんの分散は可能ではないでしょうか。

そして、クリニックとしては新患さんに来ていただく対策を打って、全体で患者さんの数を増やす。

その他にもいろいろと対策は考えられると思います。

自分のクリニックではどのような工夫ができるのか、じっくりと考えてみましょう。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる