ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営

医師の診療力をクリニック経営で活かしましょう

投稿日:2020年10月12日/最終更新日:2020年10月12日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

先生方は朝から晩まで多くの患者さんを診療し続けておられます。

何年もの経験を積まれ、診察、診断、治療の流れは身に染みていると思います。

そして、うまくいかない時には繰り返し原因を探し、成果が出る治療方法を探し続けることもいつもされていることだと思います。

これが診療力ということになるのだと思います。

そして、この力は診療のみではなく、経営のどの分野でも活用できるものです。

しかし、現実にはこの力を患者さんには使えても、内部に向けては使えていないことが多いようです。

この力を経営にも活用できるかどうかが、厳しくなったクリニック経営環境を乗り越えられるかどうかの分かれ目ではないかと感じています。

このようなことを動画でお話ししましたので、以下でご覧ください。

「医師の診療力をクリニック経営で活かしましょう」

0:10 医師としての診療力を経営に活かしましょう

1:20 診療の流れを再確認する

2:30 経営で診療力が十分発揮されていない
  業績、業務、スタッフなど

5:05 厳しい時代には外に向けてだけではなく内に向けても診療力を使う

6:10 経営、スタッフの現状を把握する動画の紹介

以下の動画でさらに詳しく現状把握の重要性をお伝えしていますのでご覧ください。

「クリニックの売上回復には経営データの分析が欠かせません」

「クリニックのスタッフミーティング・個別面談は大切です」

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる