ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営, ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン

クリニックを開院するときの生命保険・損害保険・投資との付き合い方

投稿日:2018年03月23日/最終更新日:2018年03月23日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックを開院してしばらくは患者さんが少なくて経営が苦しかった・・・

こんな経験をお持ちの方がおられるのではないでしょうか。

経営努力を重ね、患者さんが増え、売上・利益が増えてきたのに、まだお金が不足している。

もしかするとこんな方もおられるかもしれません。

お金が不足するのは、税金・借入金の返済・設備投資がおもな原因です。

しかし、それ以外にもお金を使うタイミングが重なった、手元に残るお金よりも出費の方が多くなっていることなどもよくあるケースです。

クリニックを開院すると経営に多額のお金がかかります。

開院当初は出費はできるだけ今必要なものに絞り、目の前の経営に意識とお金を集中する。

お金に余裕ができたら将来のために使う。

特に開院前や直後はこのように考えて行動することが大切だと思います。

このようなことを防ぐために、クリニックを開院するときの生命保険・損害保険・投資との付き合い方に関して動画でお話ししましたので、ご覧ください。

クリニックを開院して「しくじり院長」にならないためのクリニック経営講座・基礎コースを開催します。
開院を検討されている方は是非ご参加下さい。
クリニック経営講座・基礎コース

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる