ドクターよろず相談所

医療法人

そもそも役員退職金は意味があるのか?①

投稿日:2010年02月13日/最終更新日:2018年08月20日

役員退職金の最大のメリットは一般の所得との税率の差です。

退職所得金額は以下のように計算されます。

退職所得金額=(退職金支給額-退職所得控除)×1/2

退職所得控除 20年以下  勤続年数×40万円(最低80万円)

20年超   800万円+70万円×(勤続年数-20年)

支給金額から退職所得控除をして、さらに半分の評価になるのです。

この金額に分離課税されます。

こう考えると個人所得の最高税率50%の半分未満の税率になることがわかります。

相当の金額でも20%そこそこの税率ですね。

この差は大変大きいものです。

ご自分がいくら退職金をもらうのか想定して、試算をしてみられると面白いですね。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる