ドクターよろず相談所

医療法人, ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン

役員退職金はいくらもらえるのか?

投稿日:2009年03月30日/最終更新日:2018年08月19日

では、そもそも理事長・理事は退職金をいくらもらうことができるのでしょうか。一般的には以下のような計算式で計算されることが多いようです。

役員退職金=退職時の役員報酬月額×役員在任年数×功績倍率

*功績倍率は理事長は3倍、理事は2倍くらいで考えるといいでしょう。

例えば40歳で理事長に就任、65歳で退職された理事長の場合、最終報酬月額が200万円だった場合には以下のような計算式になります。

200万円×25年×3倍=15,000万円

一度ご自分の計画を考えられて、計算をしてみてはいかがでしょうか。

退職金でもらうのと、給与でもらうのとどちらがメリットがあるのか・・・

これは次回にいたします。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる