ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営, 医院開業

何人の患者を診ればクリニック経営を維持できるのだろうか

投稿日:2020年09月17日/最終更新日:2020年09月17日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックを開院、多額の設備投資をすると何人の患者さんを診なければならないのか。

これを明確にすることは大変重要なことです。

そして、必要患者数はクリニック経営が継続できる人数です。

クリニック経営が継続できるということは、経営の結果手元に残ったお金で自分の生活費を賄えるということです。

この必要患者数を計算する方法を動画でお話ししていますので、ご覧ください。

1:03 損益計算書の概要

4:50 損益分岐点とは

7:15 損益分岐点到達に必要な患者数

11:38 必要な利益の計算の仕方

13:27 生活費を賄うために必要な利益

14:50 目標利益獲得に必要な患者数

しかし、このようなことを現実に沿って明確にしていることは思いの外少ないと思います。

今回の動画をもとに事業計画をぜひ作っていただきたいのですが、リアルな計画を最初から一人で作るのは困難かもしれません。

そのような方のために当社ではクリニック開院シミュレーションや多額の設備投資をするときの事業計画シミュレーションなどのお手伝いをしていますのでご利用ください。

「クリニック開院シミュレーション」

クリニック開院シミュレーション

詳しい開院計画の作り方は以下をご覧ください。
「クリニック開院の意思決定はリアルな計画を作ってから」

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる