ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医療法人, ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン

医療法人の資金繰りが苦しい、生命保険を解約したほうがいいのだろうか?

投稿日:2016年08月31日/最終更新日:2016年08月27日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

医療法人の資金繰りが厳しくなり、加入している生命保険を解約しようと考えているドクターがいます。

慌てて解約する前に、まず資金繰りが苦しくなっている原因を確認して、打てる対策の中で最も効果的なものを選択することをお勧めしました。

資金繰りが悪くなると、すぐに対策を打ちたくなるものです。

その対策が全体的、長期的に見て適切なものであればよいのですが、後からしまった!と後悔することの無いよう、気をつけたいですね。

今回のご相談で、資金繰りが悪くなった原因を探っていくと、最大の原因は理事長報酬が必要以上に多額になっていることだということがわかりました。

そのため、個人で最高税率の所得税・住民税を払った後、医療法人に個人が貸し付けをしている状況になっていました。

これではわざわざ税金を多く払うようにしているようなものですね。

まずは、個人でいくらの報酬が必要なのかを考え、それにあわせて理事報酬を引き下げ、法人と個人の所得のバランスをとることを検討することにして、それでも解決しなければ解約も検討することにしました。

生命保険には加入している目的があるはずです。

解約をすると保障が無くなることによるリスクが心配です。また、再度加入しようとしても、高齢になると保険料が高くなったり、健康を害すると加入できなくなる恐れもあるので解約は慎重に検討しましょう。

このようなケースは多く見受けられますが、その原因は将来の医業経営計画や個人のライフプランなどが明確になっていないことです。

そのため、法人に何のためにいくらの利益を出す必要があるのか、個人にいくらの報酬が必要なのかを十分考えられていないのです。

医療法人の経営計画と、個人の生活面とを両面からみた長期的な資金計画を考える。

医療法人を設立したものの、お金が苦しい、活用できているのかどうか不安だという方は、当社の「医療法人100%活用支援サービス」をご利用ください。

医療法人100%活用支援サービス

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる