ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営

MS法人を魔法の箱だと思っていませんか?

投稿日:2019年02月12日/最終更新日:2019年02月12日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

これまで多くの先生からMS法人を設立したいというご相談をいただきました。

その時に感じるのは、「MS法人」という魔法の箱があり、それを利用すると何か素晴らしいことがある、というイメージを持っている方が多いということです。

しかし、これは幻想です。

そもそも「MS法人」という法人は法律で定められたものではありません。

普通の会社で医療関係の仕事をするものを俗称で「MS法人」と呼んでいるにすぎないのです。

また、MS法人を設立した方が良いと思われるケースはこれまでのご相談の中にはほとんどありませんでした。

具体的にシミュレーションしてみると、法人の事業そのものが成り立たない、デメリットしかないなどということが多いのです。

先日もこんなご相談がありました。

当初は奥様が社長となるMS法人(あくまでも普通の会社です)で購入したマンションを医療法人に賃貸し、医療法人から理事長に役員社宅で賃貸するというアイデアでしたが、これは医療法に触れる恐れがあるということでやめていただきました。

次にMS法人(あくまでも普通の会社です)で購入したマンションを社長である奥様に役員社宅として賃貸するというアイデアが出てきました。

マンションの購入資金は全て借入金で賄います。

このシミュレーションをすると、借入金の返済をするためには世間一般の家賃よりも高い家賃を払う必要があることがわかりました。

またその他税金や管理費などを考えるとデメリットしかないという結論になりました。

このように具体的にシミュレーションしてみることでMS法人を利用した方が良いのかどうかを判断することができます。

もちろんお金のメリットが出る場合も、お金に関すること以外のメリットがある場合もあるでしょう。

MS法人の利用を検討するときには、目的を明確にし、具体的なお金のシミュレーションをし、お金以外のメリットはあるのかなどを考えた上で判断するようにしましょう。

MS法人について動画でお話ししていますのでご覧ください。

MS法人は役に立つのでしょうか?

クリニックを開院する前に事業計画を具体的に作るための講座を4月から開講します。

「クリニック経営講座・基礎コース」

皆様のご参加を心からお待ちしております。

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる