ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営, 医院開業

クリニックを開院する時に経営者になる覚悟を決める

投稿日:2017年11月06日/最終更新日:2018年02月20日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

これからの医療業界を取り巻く環境は大変厳しいものです。

クリニックの数は増え続け、若くてやる気のある先生が開院をしています。

また、診療報酬のアップは望めず、外来医療需要も大幅に減っていくと予想されています。

外来医療というパイは減り、競争相手は多くなるということです。

単純に考えても、一医療施設あたりの患者数は減っていくことがわかると思います。

 

このような環境の中でクリニックを継続するには、よい経営をして患者さんから選ばれ続けるクリニックにならなければなりません。

クリニックを開院するということは医療者であるとともに経営者になるということです。

これまではこのような考えでなくてもも経営がうまくいった時代だったのかもしれませんが、これからはそういう訳にはいきません。

これまでと同じ考え、方法では難しいということです。

これからクリニックの開院をする方も、すでに開院されている先生にも同じことが言えます。

クリニックを開院する時に経営者になる覚悟を決めるかどうかで、その後の成果に大きな差が出ると思います。

ぜひこの覚悟を決めて、明るく経営に取り組んでいただければと思います。

 

このことについて先日開催したセミナーでお話ししましたので、ご覧ください。
クリニックを開院する時に経営者になる覚悟を決める

 

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる