ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医業経営

他のクリニックより給料が多いとスタッフは長く働いてくれるでしょうか?

投稿日:2017年09月09日/最終更新日:2017年09月09日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

 

クリニック経営にとって、スタッフが活き活きと前向きに働き続けてくれる環境は最大の資産と言っても過言ではありません。

患者さんがクリニックを選ぶのは、院長先生の診療内容とともにスタッフが作り上げている雰囲気も大きな要因だからです。

では、スタッフが気持ち良く長く働き続けてくれるにはどうすれば良いのでしょうか。

これまで私はクリニックのスタッフのみならず、様々な会社で働いている女性から長く勤めたい職場についてたうさん話を聞いてきました。

それらの話から、よい環境づくりにとって重要だと思われることをお伝えします。

 

給料を良くしてあげることは、その一つの対策になると思いますが、それが全てではありません。

もちろん、スタッフが働くのはお金を得ることが最大の目的ですので、世間相場と同等以上の給料にすることは言うまでもありません。

そうでなければ、よほどのことがない限りこのクリニックで働こうとは思ってはくれません。

では、スタッフの給料をどんどん良くしていけば良いのかというと、そうとも言えません。

私の経験上、給料を上げ、ボーナスを弾んだ時には喜んでくれるのですが、それは一時的で長続きしません。

慣れてしまうからです。

お金でスタッフに満足してもらうには給料は少しずつ頻繁に上げる、福利厚生などでこまめに報いるなど工夫が必要です。

 

私はお金と併せて、クリニックが働きやすい環境が整えられているかどうかがさらに重要だと感じています。

具体的には人間関係が良く無用なストレスがないということ。

スタッフ同士はもちろん、院長先生との人間関係が良く、ここでなら長く働きたいと思えるかどうかです。

短期間にスタッフが辞めることが多いクリニックは、クリニックの人間関係がどういう状況か改めて見直してください。

もちろん辞めるスタッフ自身に問題があることも多いと思いますが、他のスタッフや自分自信に何か問題はないでしょうか?

表面的にスタッフの人間関係は良さそうに見えても、本当にそうなのだろうか。

自分自身の言動に何か問題はないだろうか。

そして、その問題を解決するために行動しているだろうか。

など時々考えてみてください。

 

女性スタッフに気持ち良く活き活きと働いてもらうための工夫について書かれている本がありますので紹介させていただきます。

「儲かりたいならパート社員を武器にしなさい」 小山昇 著

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる