ドクターよろず相談所

セミナー案内

【セミナー開催のご案内】4月22日(日)14:00~東京 医療法人に資産が貯まりすぎてしまった・・・これからどうすればいいのだろう?と悩んでおられる先生へ!

投稿日:2012年04月03日/最終更新日:2018年08月19日

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤です。

今日は台風並みの嵐になるようです。

お出かけの方は、くれぐれもお気を付けください。

3月に続き、4月22日(日)にセミナーを開催いたします。

今回は医療法人の持ち分の対策を考えるためのセミナーです。

ご関心をお持ちいただける先生はぜひご参加ください。

【医療法人に資産が貯まりすぎてしまった・・・これからどうすればいいのだろう?
と悩んでおられる先生へ!!】

4月22日(日)14:00~16:00 東京 セミナー開催のご案内

平成19年の医療法改正に伴い、それ以降、出資持ち分のある医療法人の新規設立はできなくなりました。
しかし、それ以前に設立された医療法人のほとんどは、経過措置型医療法人として現在も持ち分のある医療法人として継続しています。

持ち分が多額になってしまった、将来どうすればよいのだろう?持ち分の相続が心配だ・・・など悩んでおられる先生が沢山おられます。

今回のセミナーでは、ご自分の医療法人の持ち分に、将来、どのような税金が、どれぐらいかかるのか?を明らかにするヒントをお伝えします。

チェック!一つでも思い当たる先生はぜひご参加ください。

・医療法人の仕組みがいまひとつ理解できていない。

・医療法人に資産が貯まりすぎた。

・医療法人の資産を個人に移したい。

・出資持ち分も含めた相続対策を考えたい。

・子供のだれが医療法人を承継するのか決まっていない。

・医業承継が上手くいくのか心配だ。

・医療法人は自分の代で終わりにしたい。

セミナー 14:00~16:00

【徹底解明!医療法人の出資持ち分にはいつ、どのような税金がかかるのか?】

講師 (株)ドクター総合支援センター 代表取締役

医業経営コンサルタント・ファイナンシャルプランナー(CFP)

近藤 隆二

1.まず医療法人の仕組みをよく理解する

2.出資持ち分はなぜ貯まりすぎるのか

3.状況別、出資持ち分の出口戦略

4.出資持ち分をめぐるトラブルの数々

5.質疑応答

6.個別相談受付

【開催日時】

平成24年4月22日(日) 14:00~16:00

【定員】

8名(開業医の先生とその配偶者に限らせていただきます。)

【開催場所】

AP東京八重洲通り 12F Jルームhttps://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yaesu/ya-base/

東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル12F

TEL 03-6228-8109

当日の担当者携帯番号 090-8949-0114

地図 http://www.ap-tokyoyaesu.com/info/access.html

【参加費】

5,000円(人)

お申し込みをいただいた後、「受講料お振込のお願い」をFAXさせていただきます。内容をご確認いただき、事前にお振込ください。

【お申込み方法】

お申し込みは以下の項目をメール又はFAXでご連絡ください。(フォーマットは下記のダウンロードで入手できます。)

参加者名、医療機関名、役職、ご住所、電話番号、FAX番号、E-mail

お申し込みメールアドレス:info@doctor-dock.jp

お申込みFAX番号:03-6272-5566

「FAX.pdf」をダウンロード
http://medicon.cocolog-nifty.com/blog/files/FAX.pdf.pdf

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる