ドクターよろず相談所

セミナー案内, 新着情報

2月19日勉強会のご案内 クリニックで不動産購入、設備投資、大規模な節税を検討している方へ

投稿日:2017年02月10日/最終更新日:2017年02月10日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

私のクライアントから設備投資や節税対策をする前に相談をいただくことがよくあります。

医療法人で土地を買いたい、クリニックが手狭になったのでビルを買って移転したい、新たな医療器械を買いたい、高級外車を買いたい、多額の生命保険に加入して節税したい・・・・

など、多くの相談をいただいてきました。

そして、ストップをかけさせていただいたことも多くありました。

その理由はお金が回らなくなり、倒産の危険性があったからです。

しかし、このことが理解できず、設備投資や節税対策をした後にお金に苦労している院長先生を大勢見てきました。

その原因は自院の財務状況や手元にお金が残る仕組みを理解していないため、設備投資や節税をした後にお金がきちんと回るのかどうかを判断できていないからです。

そこで、このようなことを防ぐための勉強会を企画することにしました。

この勉強会は一方通行の情報をお伝えするのみではなく、参加者の方々との双方向の情報交換を行う予定です。

まず自院の財務資料をチェックするための目的をお伝えして、その見方をわかりやすくお教えします。

そして、自院の財務状況で、検討中の設備投資や節税対策を行っても大丈夫かどうかを判断する方法をお伝えします。

また、日頃クリニックの数字に関して疑問に思っていることなどもどんどんご質問いただければと思います。

ここできちんとお金が回るかどうかをチェックして、今後の設備投資や節税対策をどうするのか方向性を明らかにしてください。

少しでも不安を感じている方は是非ご参加ください。

また、お知り合いの方でこの勉強会を必要とされる方がいらっしゃいましたら、ご紹介いただけますと助かります。

【セミナー概要】

日時:平成29年2月19日(日)14:00~16:00

場所:(株)ドクター総合支援センター

東京都千代田区飯田橋2-9-6 東西館ビル本館2階

当日の連絡先:090-8949-0114

対象:開業医とその配偶者、及び開業を検討している医師

定員:5名

参加費:5000円(人) 当日お持ちください。

内容:
1.クリニックの決算書をチェックする目的は何か
2.損益計算書の見方とポイント
3.貸借対照表の見方とポイント
4.手元に残るお金の計算式を理解する
5.自分のクリニックの決算書をチェックして課題を探ってみる
6.質疑応答、個別相談

会計の素人にもご理解いただけるよう、可能な限りわかりやすく説明します。

当日はご自分の決算書(確定申告書)や月次の財務資料などをお持ちいただき、チェックしていただくと理解が深まります。

お申し込みは簡単です。

以下の内容を書いていただき、このアドレスにメールしてください。
info@doctor-dock.jp
件名:「2月19日セミナー申込み」
・お名前
・クリニック名(開業前の先生は不要です)
・メールアドレス
・電話番号

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる