ドクターよろず相談所

お客様の声, ドクターよろず相談所, 院外経営幹部採用のススメ

院外経営幹部採用のススメ その11

投稿日:2018年07月24日/最終更新日:2018年07月24日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

今日は院外経営幹部採用のススメの第11回目をお届けします。

今回は

「当社のお客様のアンケート」

これまで当社のコンサルティングをご利用いただいた方々の生の声をお伝えします。

この内容はこれまでにいただいた複数の方の声をまとめたものです。

Q1.当社にコンサルティングを依頼する前にどんなことで悩んでいましたか?

〇悩んでいたこと

・経営のことを税理士さんに相談できず困っていました。毎年度末に決算の報告を受けても、経費が多いのか少ないのかさえ分からない。
「これだけ余りそうですからとりあえず保険に入りましょう」というような提案しかもらえず、その保険も良い物かどうかもわからないまま、言われたとおりにしている、という状況で、本当にそれでいいのかな?すべて経営をおまかせしていいのかな?と常に不安でした。

・開業医の仕事は診療以外に経営者としての側面が大きい。私は経営者としては素人同然でしたので、種々の経営判断に迷うことが多く、悩んでいました。

・日々くたくたになるまで働いて、将来のことを考える余裕がない。長期的なプランに不安がありました。

・父の医院を承継して5年になりますが、自分勝手に人事、設備投資など行ってきたので、このままで良いのか、他の人はどのようにやっておられるのかと、不安でした。

・父親が高齢になり、医業承継を念頭にした診療所の移転計画が持ち上がった時、保健所、社会保険事務局など公的機関への手続き、さらには将来の診療所の承継についての、税金をはじめとする諸費用のシミュレーションをしたいと思っていました。

・業績が下がっていて心配でした。

・現在の理事報酬額で良いのか不安でした。

〇知りたいと思っていたこと

・息子に医療法人を継承させる際、どのような点に気を付ければよいのか。

・医業の後継者がいないので、今後の引退生活を考えての出口戦略。

・医療法人化についてのメリット・デメリット。

・医療法人をどうやめていくとハッピーリタイアが迎えられるのか?そもそも医療法人はやめていくべきなのか?

・医療法人の出資持ち分とは?その相続はどうすればよいのか。

Q2.何で当社のサービスを知りましたか?

・セミナーに参加して

・HP

・お世話になっていた先生からの紹介

・先輩開業医師からの紹介

Q3.多くのコンサルタントがいる中で、何が決め手となって依頼しましたか?

・経営の相談はできても、ライフプランまで相談できるサービスはなかなかない。

・人柄。話しやすさ。ライフプランの内容をわかりやすく説明してくれる。
話が大変理解しやすい。何度も同じことを聞いても、いやがらず説明してくれる。決して上から目線で話さないので、安心して聞くことができる。

・信頼できると思った。とても一生懸命話を聞いてくれる。お聞きしたことにすぐ答えてくれる。解らなくても必ず後で調べて、お話してくださる。すぐに私の不安にこたえてくださるところが、あ、お聞きすればちゃんと答えてくださる・・。と安心できました。

・最初にメールで無料相談を受けていただけるので、メールしてみました。

・信頼している先生からの紹介だったので。

・ホームページに自分にとっての不安材料の数々が、見事に箇条書きにされており、まさに核心をつかれた感がありました。

・人柄と、総合的にお手伝いいただけるところが決めてとなりました。

・税理士、社会保険労務士とはすでに永年のお付き合いがありました。近藤さんはセカンドオピニオンとして、お付き合いいただけますか、という当方の虫のいい申し出も快く承諾してくださいました。

Q4.実際にコンサルティングを受けてみて、感想をお聞かせください。

・必要に応じて人脈の中から厳選されたその道のプロを紹介してくれ、一緒に対応してくれるので、本当に助かった。

・今まで実際に動くことができなかったことを、アドバイスをいただいて動くことができ、常にクリニックのことを考える機会が持てました。さらに、個人のライフプランを考える機会もいただき、本当に感謝しています。

・将来的には各科に特化した(整形外科の)専門コンサルタントの育成を期待します。

・大変良かったです。長年、法人で保険に入るべきかどうか迷ってきたのですが、わかりやすい説明で納得のいく契約を結ぶことができました。

・大変助けられており、現在もお世話になっております。

・今後のお金の動きや、どの辺に力点を置いて資産形成をしていくかなどがとてもよく見通せて、「安心した。かなり肩の荷が下りた」というのが正直な感想です。
医療法人を設立して早いうちに一度シミュレーションをしてみることをお勧めします。
シミュレーション通りにいかないこともありますが、それに早く気付けば修正も可能です。
特に経営が順調であれば、いろいろ対策を立てて、ゆとりのある生活を構築していくことができるのではないでしょうか。
あとから「あの時もっと早く相談して、早めに対策をしておけばこんなはずじゃなかった」と後悔しないために。
引退してからのポートフォリオの相談(どうやって資産を増やして生活していくか)や、さらに相続の相談(誰にどの財産をどれぐらい残して、渡していくのか。どのように分けるのか)もお願いすることができそうだと思っています。
近藤さんにお願いすれば、悩みの解決の手段を示してくれます。今後も何かの時には相談していきたいと考えています。

・若い時にこの話を聞きたかった、と思いました。

・ライフプランの大切さを感じました。また、医療法人のM&Aがこれからのトレンドなのかもしれないと感じました。

・今後は自分自身のライフプランニングをし、働きすぎない生き方、身の丈にあった人生の送り方を考えていきたいと思います。

・改めて自分の人生の送り方を考えるべき時に来ていることに気づきました。そのためには相談できる人が必要だと思います。

・自分一人でお金のことを考えるのは時間が無いので、専門家の助けが必要であると感じました。

・現在の経営状態等を評価していただきましたが、その過程での様々な会話を通して、医院経営に留まらない、中長期的な人生経営のノウハウとも言うべき多くの知見をいただきました。

・医療以外の多くの課題に関して頼りにできる分、より集中して地域医療に専念でき、とても気持ちが楽になりました。

・医業もコンサルティング業もボランティアではないので、それなりの収入は必要ですが、「患者さん(お客さん)のために」という点が共通していると思います。
2年後に当法人は大きな転機を迎える予定です。近藤さんと一緒に将来設計を考えられるのが、私の安心になっています。

・どのような相談をしても、納得のいく細やかなアドバイスとその根拠を丁寧に教えていただけ、安心してここまでやってこられました。

・はじめは、近藤さんに経営に関する相談をしていたのですが、同時に個人のライフプランを検討することも大切だとアドバイスいただき、とてもわかりやすい表を作成していただきました。(ドクタードック)
おかげさまで、保険や預貯金を把握することができ、子供たちの学費や老後の心配も解消できそうです。

・近藤さんは医院経営に関することだけでなく、生命保険、資産運用、不動産、相続などにも詳しく、それぞれの分野の専門家の方々も紹介してくださいました。
私たち夫婦は月に一度、近藤さんとお会いすることを楽しみにしています。
毎回、いかに患者のみなさまに充実した医療と快適な空間を提供し、スタッフに気持ち良く働いてもらえるように環境を整えることが大切かを一緒に考えてくださいます。
今後も近藤さんのお力をお借りしながら、みなさんにご満足いただけるような医院になるよう、日々努力していくつもりです。

・重要度の高いことから着実に行動開始。その結果、収入は向上し、黒字転換を実現、負債もほぼなくなり、医療法人の持分も非課税で贈与できました。
現在は長男に医業を引き継がせるべく準備を始めているところです。

・近藤さんは身近な相談相手になっていただき、大小さまざまな経営判断、個人のファイナンシャルプランなどについてアドバイスをいただいております。その結果日々の診療に専念することができるようになりました。

・金融機関などと異なる立場の意見を受けることは有意義だと考えています。今後も定期的に相談させていただきます。

ここまでお読みいただき、いかがでしたか?

ドクター総合支援センター近藤隆二がご提案する「院外経営幹部」という新しい考え方について、どんな印象をお持ちでしょうか。

今すぐ頼みたい!という方は、迷わずご連絡ください。何だかすごく気になる、もう少し詳しく知りたい、という方は、無料相談をご利用ください。

当社では無料相談を一回(一時間程度)お受けしております。無料相談は電話でも直接お会いすることも可能です。

こちらのページから「無料相談希望」と書いてご連絡ください。

無料相談希望

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる