ドクターよろず相談所

相続・医業承継

【今日の質問】個人で内科クリニックを開設しています。近い将来、現在の医院を歯科医の息子に継がせたいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒

投稿日:2012年04月11日/最終更新日:2018年08月19日

ドクターこんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

東京では桜が大分散り始めました。

あと少しの期間ですが桜を楽しみたいですね。

今日のご質問は個人クリニック(内科)の院長先生からいただきました。

歯科医である息子さんが現在のクリニックで院長(管理者)になり歯科の診療をする予定です。

2~3年間、歯科の診療と一緒に自分も内科の診療を行いたいと思います。

このような運営は可能でしょうか?

というご質問です。

【答え】

このような運営は可能です。

息子さんが院長(管理者)になる方法としては、内科クリニックを廃止し、息子さんが開設者となる歯科を中心とする(内科も標榜)クリニックの開設届を提出します。

ここで注意点があります。

歯科医である息子さんが管理者となるためには、歯科が診療の中心となっていることが必要です。

この基準に明確なものはありませんので、各保健所と相談をしましょう。

また、施設基準にも注意が必要です。

歯科と医科の併設のクリニックとして施設が問題ないのか、こちらも事前に保健所に確認することをおすすめします。

また、歯科と医科の患者さんが混在するので、音や臭いの対策なども必要かもしれません。

診療科目を併設したことにより、マイナス効果が出ないようきちんとした計画をたてるようにしましょう。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる