ドクターよろず相談所

医療法人

医療法人を設立しても資金繰りが厳しいことがある

投稿日:2016年03月03日/最終更新日:2018年07月16日

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

個人クリニックの利益が出るようになり、税金が多額になってくると医療法人の設立を検討するする先生が多くなります。

「個人の税率より、医療法人の税率が低いのでお金が貯まるだろう。」

と考えますが、実際には思いのほか資金繰りで苦労することもあるようです。

特に医療法人を設立した直後は資金繰りが厳しくなることが多いです。

このことを理解して、医療法人設立直後にはお金を慎重に使うようにしましょう。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる