ドクターよろず相談所

医業経営

組織文化の醸成には時間がかかる

投稿日:2009年04月15日/最終更新日:2018年08月19日

クライアントさまのスタッフミーティングに参加してまいりました。

月に一度、院長先生に訪問し(税理士さんと同行)、スタッフミーティングにも参加をさせていただいています。

スタッフミーティングには院長先生も参加いただき、皆さんと話し合い、打ち合わせ、取り決めを行っています。開院1年が経過し、どんどん決めごとができてきて動きがスムーズになってきていると感じています。

先生、スタッフともまだまだ改善しなければならないことが多くあると感じておられるようで、今後も繰り返し話し合いを重ねていかれると思います。

開院当初は細かい取り決めができていなくて、とまどいがあったり、トラブルが発生したりします。いらいらすることもあるかと思いますが、一つ一つ改善を積み重ねていくことが大事です。これを継続していると気がついた時には素晴らしい業務環境が出来上がっているのだと思います。その時にはその医院のカラーや文化、風土といったものが出来上がっているのだと思います。

尊敬する何人かの先生にお話をうかがいますと、皆さん異口同音に現在の満足できる環境を作り上げるまでに数年から10年くらいかかっていると言われます。そうなるとしめたもので、医院のカラーにマッチしたスタッフが揃い、退職する方もほとんどいなくなるとのことでした。

開院時には細々したことで大変な思いをされると思います。長期的な視点を持ち、その困難を一つ一つ改善していけば、その延長に明るい将来が待っているのだと思います。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる