ドクターよろず相談所

医業経営

クリニック経営ではコミュニケーションが大切

投稿日:2009年10月07日/最終更新日:2018年08月19日

開業をサポートさせていただいている先生。

患者さんの待ち時間を少しでも短くしたいと考えておられます。

治療に来られる患者さんは、具合が悪く不安な状態。

そんな方々を少しでも楽にして差し上げたいという思いから予約システムの導入を検討されています。

予約システムの成功、失敗事例を知りたいとのご要望をいただきましたので、システムの運用を改善しながら効果をあげておられる先生をご紹介させていただきました。

診療が終わってから軽く食事をしながらお話をうかがいました。

何と、システム運用のマニュアルをまとめたものをいただくことができました。

ありがとうございます。

システム導入にあたっては、機能もさることながら運用方法の中身が大事とのこと。

スタッフとの打合せ、徹底、患者さんへの伝達、話し合い、改善の継続など。

改善に終わりはありません。

患者さんによい医療を提供したいという想いを院内で共有することが改善の継続には不可欠のようです。

楽しい時間を過ごしていくうちに、一番大事なことはコミュニケーションであるという結論に達しました。

患者さんとのコミュニケーション、スタッフとのコミュニケーション、ドクター同士のコミュニケーション。

よい医療経営を行うにはコミュニケーションが大切です。

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる