ドクターよろず相談所

医業経営

スタッフの業務のトラブルは、よいクリニック作りのキッカケになります

投稿日:2015年05月27日/最終更新日:2018年06月17日

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックのスタッフが院長先生の目から見て、不都合なことをしてしまった・・・

ということはよくありますね。

すると、すぐにスタッフを処分したり、中には辞めさせようとする方がいたりします。

こんなケースでお話をうかがうと、院長先生の基準では良くないことなのですが、ルールがはっきりしていなかったり、指導をしたことがなかったり、ということがあります。

スタッフもルールがはっきりしていないことや、教えてもらっていないことはうまくできないこともありますね。

こんな状態で処分をしてしまうと、院長先生の好き嫌いで処分しているのではないか?

とか、

どうすればよいのかわからない・・・

次は自分の番ではないか?

などスタッフは不安になって、クリニックの雰囲気が一気に悪くなったりします。

こんな時には、ルールを明確にして、他のスタッフにも浸透、徹底することができるよいチャンスだと考えてみてはいかがでしょうか?

これを繰り返すことによって、クリニックはどんどん良くなっていきますね。

ルールを作る時には特定のスタッフのみに適用するのではなく、全スタッフに伝え、全員が守ることを徹底する。

スタッフを指導するのはあくまでもさらに良くなってもらうことが目的です。

特定のスタッフを辞めさせることを前提の指導は、他のスタッフにも悪い影響を与えますので注意しましょう。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーの案内はこちらから
http://www.doctor-dock.jp/seminar.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから
http://www.doctor-dock.jp/inquiry.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる