ドクターよろず相談所

ドクターよろず相談所, 医療法人

今年医療法人を設立しました。来年の予定納税の支払いが厳しくなるのではないかと心配です。対策を打つ必要はありますか?

投稿日:2010年11月10日/最終更新日:2018年08月19日

秋に医療法人を設立された先生からのご質問です。

今年医療法人を設立しました。来年の予定納税の支払いが厳しくなるのではないかと心配です。対策を打つ必要はありますか?

【答え】

今年の所得税・住民税の見込み額を計算し、予定納税対策が必要かどうか考えましょう。

この先生の場合は、社会保険診療の源泉税の金額が大きいため、予定納税はほとんど発生しないことがわかりました。

住民税は発生しますが、支払いに困るような金額ではありませんでしたので、特に対策は必要ありません。

しかし、一年で急激に所得が増えた場合など、対策が必要なことも考えられます。

医療法人を設立すると、理事長先生も医療法人から理事報酬をもらうことになります。

個人の所得は前年を下回ることになると思われます。

理事報酬からは所得税なども源泉徴収されますので、手取りはさらに下がります。

多額の予定納税・住民税の支払いが発生すると同時に、お子様の学費や多額の出費が重なると、お金が不足してしまうことが考えられます。

理事長先生の個人のライフィプラン、資金繰りを表などにしてお金の過不足を考えておく必要がありますね。

手持ちのお金が潤沢な時は問題ありませんが、不足が予想される時には納税資金を貯めたり、予定納税の減額申請をすることも検討しましょう。

無料メールマガジン登録フォーム

ドクターの経営・ライフプランのリアルなヒントを無料配信しています。

赤◆印のある箇所は、必ずご入力(または選択)ください。

クリニック名

役職名

氏名

メールアドレス

◆お選びください



送信ボタンをクリックし、正常に送信が完了すると、ご入力いただいたメールアドレス宛てに、受け付けをお知らせするメールが届きます。 メールが届かない場合は、ご入力に誤りがあるかもしれません。お手数ですが、再度送信くださいますようお願いいたします。
©2010-2016 株式会社ドクター総合支援センター
メニューを閉じる